学校法人穴吹学園 高松高等学院は香川県教育委員会指定の技能教育施設です。
高松高等学院 - クラーク記念国際高等学校 高松キャンパス

学校案内

クラーク記念国際高等学校 高松キャンパスについて

クラーク記念国際高等学校高松キャンパス 学校法人穴吹学園高松高等学院は、香川県教育委員会から技能教育施設として指定を受けた教育機関です。高等学校の通信制課程修了に必要なスクーリング(面接指導)や学期末試験などのすべてを高松キャンパスで実施しています。一人ひとりを大切にしたきめ細やかな指導を行っており、いずれのコースも3年間で卒業することができます。充実した高校生活を送り、多くの生徒が大学・短大・専門学校への進学希望を叶えています。

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校は学校教育法第一条に定められた高等学校です。通信制高校であるクラークの卒業資格は、大学受験や国家公務員受験・地方公務員受験、さらには海外大学の受験、各種国家資格受験の際も、全日制高校の卒業資格と全く同等に扱われます。
校長は冒険家の三浦雄一郎です。2003年に、当時の世界最高齢70歳7ヵ月でエベレスト登頂を果たし、2008年5月、75歳7ヶ月で2度目の登頂。そして、2013年5月、世界最高齢80歳7ヶ月で3度目のエベレスト登頂に成功。
1992年の開校時より、クラーク記念国際高等学校校長。

入学から卒業まで

入学から卒業までの流れ

学院長・顧問紹介

学院長

夢に向かって歩む力を身につけてください。
クラーク記念国際高等学校高松キャンパスは、生徒一人ひとりの個性や適性、そして可能性を引き出していくことを教育理念としています。勉強はもともと楽しいものです。勉強の基礎や基本から指導し、学ぶ楽しさを感じながら、自ら考えることのできる生徒になれるよう教員が全力で応援していきます。充実した学校生活の中で自分自身の将来を見据え、未来へ大きく羽ばたいてほしいと願っています。

顧問